2018年9月17日月曜日

東葛スポーツ「カニ工船」

2018年9月16日 18時開演 浅草九劇
構成:金山寿甲
出演:長井短、宮部純子(五反田団)、森本華(ロロ)、椎橋綾那、川﨑麻里子(ナカゴー)、板橋駿谷(ロロ)、森一生(阿佐ヶ谷スパイダース)、玉田真也(玉田企画)
客入れ中に流れる映像は、山村聡初監督作品の「蟹工船」、1953年の発表で今見ると古くさい、左翼臭満載のプロパガンダにしか見えない。
オープニングは、なぜか役者が蟹網をひくという状況のなか、漁猟長の板橋駿谷が客のキャンセル、青年団や、小劇場の現状をディスりまくるというもので、板橋のパワーで押し切って面白い物でした。
本編にはいると、話はピースボートで世界一周の旅に出るという設定で、カンボジア、シリア、ブラジルなどを回ります。
珍しくストーリーのような物があります。
しかし、役者のラップのリズム感が悪くて、切れがありません。何度も出演していてそこそこできるはずの森本華もぱっとしません。
今回は全員がワイヤレスマイクで、ケーブルの絡みを気にすることもなく集中できるはずなのに、盛り上がりに欠けます。
機材の向上が芝居の質の向上に必ずしも貢献しないという典型的な例でした。

2018年8月29日水曜日

ヤリナゲ「みのほど」

2018年8月28日 19時30分開演 三鷹市芸術文化センター星のホール
作:越 寛生
構成・演出:(劇)ヤリナゲ
出演:阿岐之将一、秋本雄基(アナログスイッチ)、浅見臣樹((劇)ヤリナゲ)、大田彩寧(しあわせ学級崩壊)、Q本かよ、小寺悠介(青年団)、小林義典(クロムモリブデン)、澤原剛生(劇団普通)、塩原俊之(アガリスクエンターテイメント)、田久保柚香、田中健介(しあわせ学級崩壊)、豊田可奈子、中山まりあ

三鷹市芸術文化センター WEBサイトより引用。

<お客様へ>

(劇)ヤリナゲ『みのほど』は昨日、8月24日(金)に幕を開けました。
8月18日(土)の発表のとおり、越寛生さんは病気で演出を担うことができなくなったため、本作品は、構成・演出:(劇)ヤリナゲとして上演をしております。今回の『みのほど』は、越さんの執筆時の構想、集めた資料、また過去の越さんの短編作品を中心に、構成し創作した作品です。

なお、上記のような構成に変更されたことと、越さんの不在により、相談のうえ、國吉咲貴さん、三澤さきさんは出演を辞退されることになりました。本公演は國吉さん、三澤さんの代役は立てずに13人で上演しております。
今回の國吉咲貴さん、三澤さきさんの決断は、作品や創作へ向き合う誠実な姿勢であり、お二人に非のある行動ではありません。

越寛生演出による新作本公演『みのほど』を心待ちにしてくださった皆様、また國吉さん・三澤さんの出演を楽しみにしてくださった皆様には深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ありません。

公演は9/2(日)まで続きます。出演者・スタッフ一同、誠心誠意最後まで創作を続けてまいります。
より多くのお客様に現在の(劇)ヤリナゲの作品をご覧いただけますと幸いです。ぜひ劇場に足をお運びくださいませ。

2018年8月25日
公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団

(劇)ヤリナゲ

引用終了

同様の内容のメールが事前に届きました。払い戻しにも応じるとのことでした。
私はヤリナゲの芝居を見たことがなかったので、作・演出家の不在がどの程度の影響を与える劇団なのかもわからないので、そのまま、見ることにしました。ただ、作・演出家の不在にともない二人の役者が出演を辞退したという事実からして、うまくいかないだろうと覚悟はしました。
結果は案の定、久しぶりに見た「頭でっかちな学生演劇」そのものでした。
内容は、過去の作品のシーンをコラージュして一本の作品にし、作・演出家の言いたいことを表現しようする、その試行錯誤の課程も含めて舞台にのせるというものでした。
まあ、今時なら誰でも考えつきそうプランですが、やり方によっては面白くなるかもしれないプランだと思います。
ただ、それを素直だけが取り柄の役者だけでやると、見るも無惨な「学生演劇」になるという見本みたいでした。
やはり、性根の曲がったひねくれた頑固者である演出家の(よく言えば、客観性のある)存在が不可欠なのだと、再確認しました。

2018年8月28日火曜日

入江雅人「ゾンビフェスTHE END OF SUMMER 2018」

2018年8月27日 19時開演 渋谷 GKBKシブゲキ
主宰・構成・作・演出:入江雅人
出演:入江雅人、入手杏奈、オクイシュージ&野口かおる、かもめんたる、坂本頼光、 清水宏、立川志ら乃、塚本功

2018年8月24日金曜日

劇団☆新感線「メタルマクベス Disc1」

2018年8月23日 18時開演 豊洲ステージアラウンド東京
原作:ウィリアム・シェイクスピア「マクベス」松岡和子翻訳版より
作:宮藤官九郎
演出:いのうえひでのり
音楽:岡崎 司
振付&ステージング:川崎悦子
出演:橋本さとし、濱田めぐみ、松下優也、山口馬木也、猫背 椿、粟根まこと、植本純米、橋本じゅん、西岡德馬、山本カナコ、礒野慎吾、吉田メタル、村木 仁、冠 徹弥、富川一人、小沢道成、穴沢裕介、Erica、見目真菜、齋藤志野、鈴木智久、鈴木奈苗、橋本奈美、原 慎一郎、山崎朱菜、山﨑翔太、米花剛史、渡辺翔史、藤家 剛、工藤孝裕、菊地雄人、熊倉 功、あきつ来野良、横田 遼、北川裕貴、紀國谷亮輔

2018年8月23日木曜日

大人の麦茶 第25杯目公演 「おしり筋肉痛」

2018年8月22日 19時30分開演 下北沢ザ・スズナリ
作・演出:塩田泰造
出演:池田稔(Wキャスト)、 中神一保(Wキャスト)、 並木秀介、 宮原奨伍 、 岩田有弘 、 辻久三、 佐藤大介 、 宮寺貴也、 浅田光 、 清水佐紀 、 江田恵(ソラカメ)、 石井杏奈(演劇女子部) 、 松田かほり、 和泉宗兵

作・演出の塩田泰造の骨折事故により、約1年前に上演した作品を再演することにしたようです。再演にあたり、演出家によるチェックはほとんどできなかったようで、前半は新しく付け加えたのであろうギャグが浮きまくって、耳障りでした。ギャグが身を潜めた後半は、ストーリーの展開に身をゆだねることができましたが、ご都合主義な設定、STAP細胞事件を思わせる女性科学者が陰のオーナーである小学校を改造した宿泊施設や、他人の腸内フローラを飲むとその人の性格になるなどを押し流していくほどの熱量はなく、なんだか適当なエンディングだなあという感想だけが残ります。
やはり、演出の必要性は高いです。
(この文章は、同じく演出家不在の公演をおこなった劇団ヤリナゲの公演を見て追加しました。)

2018年8月16日木曜日

NICE STALKER「ロリコンのすべて」

2018年8月15日 19時30分開演 下北沢ザ・スズナリ
作・演出:イトウシンタロウ
出演:帯金ゆかり、フジタマコト、藤本紗也香、山本光、佛淵和哉、白勢未生(箱庭円舞曲)、南米仁、善雄善雄(ゴジゲン)、宮武佳央(劇団ハーベスト)

したため「文字移植」

2018年8月14日 14時開演 こまばアゴラ劇場
原作:多和田葉子
演出・構成:和田ながら
出演:穐月萌 岸本昌也 菅一馬 多田香織(KAKUTA)

2018年8月11日土曜日

阿佐ヶ谷スパイダース「MAKOTO」

2018年8月10日 19時開演 吉祥寺シアター
作・演出:長塚圭史
出演:中村まこと、大久保祥太郎、木村美月、坂本慶介、志甫真弓子、伊達暁、ちすん、
長塚圭史、中山祐一朗、藤間爽子、森一生、李千鶴

再劇団化した阿佐ヶ谷スパイダースを初めて見ました。以前の阿佐ヶ谷スパイダースはTVで舞台中継を見た程度なので、前と比べてどうのこうのという感想はありません。全体の印象は、作・演出の無茶ぶりを主演の中村まことが一人で演技で跳ね返して芝居を成立させている、中村まこと、エライ。というところです。
時々、台詞が唐十郎的な過剰な叙情性を帯びるところがありますが、その後はそれを打ち消すような素っ気ない台詞が続きます。あたかも無意識に書いてしまった唐的な台詞にびっくりして、慌てて打ち消しているような感じでした。
唐的な叙情性の影響の大きさを感じました。