2019年7月28日日曜日

Newyork2019 Vol.26 Moulin Rouge! The Musical

2019年7月2日 20時開演 AL HIRSCHFELD THEATRE
今回のニューヨーク最後のミュージカルは、まだプレビュー中だった「Moulin Rouge! The Musical」でした。プレビュー中の作品については批評を発表しないというのがニューヨークの暗黙の了解だそうですが、もう正式オープンもしたし批評もぼちぼち出ているようなので、もう大丈夫でしょう。
見にいって一番びっくりしたのは、開場を待つお客さんの列の長さです。8th Ave.を1ブロック以上、人が並んでいました。この作品に対する期待の高さを伺わせます。
入場すると舞台前面に大きなMoulin Rougeのネオンサインがぶらさがり、上手のバルコニーには巨大な象、下手にはムーランルージュ名物の風車が鎮座まします。舞台上ではロートレックの絵のような衣装を着けた役者がそぞろ歩きながらポージングして、観客から写真を撮られています。世紀末のパリの雰囲気が濃厚で、今にもカンカン踊りが始まりそうです。しかし、いったん始まるとオープニングダンスは完全なディスコサウンド、振付もそれ風です。
ムーラン・ルージュのクラブのセットは、全面透かし模様のインドの宮殿風に過剰な電飾がつき、どこかテレビのセットを思わせます。その前で往年のヒット曲がアレンジし直されて次々と流れて、そのたびに客席には軽いショックが流れ、時には笑いが起きます。1幕は明るく楽しい雰囲気で終始しますが、2幕は一転してシリアスになり、セットも書き割りを多用したリアリズムに近いものになり、往年のヒット曲の再アレンジという手法も真面目に愛を歌い上げるというシリアス路線になります。とは言え、主人公たちのアトリエの窓の外には、「ア・ムール」というネオンサインが宙に浮かんでいたりしますが。
この作品の基になったのはガイ・リッチー監督の映画「ムーラン・ルージュ」で、ヒット曲の再アレンジという手法も映画から踏襲しています。これは「Remix」という最近の音楽界で重要な概念を応用したものと考えられますが、「Hadestown」や「Oklahoma!」といった「アメリカーナ」という現在のアメリカの音楽シーンの最重要概念を哲学的に考察して生まれた作品に比べると、底が浅い感じがします。とはいえ、様々な曲を元の曲のニュアンスを残しつつ、作品に合わせて(時には2つの曲をつぎはぎして!)アレンジした才能と労力はすごいものがあります。

2019年7月7日日曜日

地点「三人姉妹」再演

2019年7月5日 19時30分開演 神奈川芸術劇場中スタジオ
作:アントン・チェーホフ
翻訳:神西清 
演出:三浦基 
出演:安部聡子 石田大 伊東沙保 小河原康二 岸本昌也 窪田史恵 黒澤あすか 小林洋平 田中祐気
地点の「三人姉妹」再演を見ました。初演の時にものすごく感銘を受けた舞台でしたが、再演はそれにはるかに及ばないものでした。演出もずいぶん替わり、出演者も三女イリーナ役が黒澤あすかという若い役者に変わっていました。この人の発声だけが普通の対話のニュアンスを色濃く残しており、ずっといわかんがを感じさせられました。そのせいか、地点特有の「言葉が塊となって客席に飛んでくる」という感じがほとんどなくなっていました。
今まで地点を見てきてわかった事は、「役者の動きは激しいが、その意味がわからないときは、おもしろくない」ということです。これは、比較的広いKAATで上演される時に限って言えることかもしれませんが、空間を埋めようと役者に動きをつけるのですが、台詞がうまくいってないときにはその動きだけが激しくなり、結果、焦点がぼけ、芝居はいっこうに面白くならないということになるような気がします。

2019年6月29日土曜日

Newyork2019 Vol.24 「Working: A Musical」

2019年6月26日 19時30分開演 Newyork City Center
1974年に出版された スタッズ・ターケルのインタビュー集「Working : People Talk About What They Do All Day and How They Feel About What They Do」を元にしたミュージカル「Working: A Musical」を見ました。インタビュー集は翻訳されて私も読んだ覚えがあります。とにかく、単行本で暑さが5㎝以上あり、ものすごい数のインタビューが納められていました。読み終わるまで持ち歩いていたので、常に鞄が重かった事を覚えています。個々のインタビューについては記憶がありませんが、全体の印象として、「人はどうしても自分の仕事に対して、報酬以外の意味、やりがいとか、誇りとかを求めてしまう。そして、それは悪いことではない。」というものでした。
プレイビルによれば、このミュージカルの初演は1977年にスタッズ・ターケルの地元シカゴで行われたようです。
インタビューをミュージカルにするということで、どうしてもモノローグと歌の繰り返しになります。元々のインタビューが関連するものではないので、脚本の構成で関連づけようとしても、限界があります。結局、たいした盛り上がりもないまま、なぜか「ニューヨーク・シティ・センター、リノベイトおめでとう!」みたいになって終わってしまいました。元々、そのまま、ミュージカルにするには無理があった素材だと思いました。

2019年6月26日水曜日

Newyork2019 Vol.23「Chicago」

2019年6月24日 20時開演 Ambassador Theatre
Misoppa氏のThe Chronicle of Broadway and meブログによれば、City Centerのアンコール・シリーズでリバイバル上演されたのが、1996年。翌年からブロードウェイでの上演が始まり、今年で22年。多分、現在上演されているミュージカルの中では、最長ロングラン記録ではないだろうか。次はライオン・キングあたりだろうか。
現在のロキシー・ハートはデシ・オークレー、ベルマ・ケリーはアムラ・フェイ・ライトで、いったい何代目になるのだろうか。
さて、そのロングラン公演のはての舞台のできはというと、やはりそれなりとしかいいようがない。舞台には、脚本のできとか演出の斬新さとか役者の演技のうまさだけではなく、「今」という熱狂のようなものが、出演者だけでなく観客に必要なのだと思います。その「今」をその場にいあわせた全員が共有できることが、よい舞台と言える鍵なのです。長年やってきて「お仕事」とかしている演技と、「名物」を見に来る観客の間でそれを共有することは難しいです。
7月1日から14日までは、米倉涼子がロキシー・ハート役で3度目のブロード挑戦だそうです。がんばっていただきたいものです。

Newyork2019 Vol.22 「Wolfgang Steakhouse」

2019年6月24日 12時頃
久しぶりに高いステーキを食べました。Wolfgang SteakhouseのRib-eye steakです。Wolfgang Steakhouseはマンハッタンにいくつかあり、他のお店もいったことがありますが、ここPark Ave.のお店が一番落ち着いていて、ステーキの焼き加減も最適で美味しいと思います。重さはメニューに載っていませんが、多分600グラム以上あったと思います。赤みの肉なのでしつこくなく、あっさりと食べられます。
行ってみて一番驚いたのは、お店が入っているビルがまだ工事中だった事です。昨年行ったのも確か6月だったので、1年以上工事していることになります。しかも、進んでいる感じが全くありません。
上の写真は地下鉄の中で見かけた、反Airbnbの市条例の告知というか、キャンペーン高校です。「世界最高のピザがどれか知ることはできないだろうが、違法な短期レンタルを防ぐ方法を知ることはできる」と書いてあります。さらに下には「もしあなたが不在の間に30日以下の期間でゲストを迎えると、家主は法的な行動を起こすことができます」とも書いてあります。段々規制が厳しくなってきているようです。

2019年6月24日月曜日

Newyork2019 Vol.21 「Pilobolus Dance Group」

2109年6月22日 14時開演 Joyce Theater
ブロードウェイ・ミュージカルの情報を知るために、よく参照させていただいているMisoppa氏のブログで「ちょっとエッチなダンスグループ」と紹介されていたので、見にいきました。確かに面白いです。うまく言えないのですが、ダンサー同士のつながり方、手をつないだり、リフトしたりの方法が、一般的なものとは違います。アクロバティックだったりしますが、基本にあるのはダンサー同士の深い信頼関係だと思います。その信頼が、他よりより親密なつながり方になって現れているのだと思います。そのつながりが「ちょっとエッチ」と感じられるのかもしれません。

2019年6月22日土曜日

Newyork2019 Vol.20 「Beetlejuice」

2019年6月21日 20時開演 Winter Garden Theatre
ティム・バートンの映画「ビートルジュース」を元にした「Beetlejuice」を見ました。特に斬新な舞台装置を作らなくても、新しい解釈の演出にこだわらなくて、面白い舞台はできると証明するようなミュージカルでした。
一幕は、「スクール・オブ・ロック」の主演をしていたアレック・ブライトマン演じるビートルジュースの喋りと動きに頼りきりで乗り切り、二幕はリディア役のソフィア・アン・カルーソーのなき母親に逢いたいという想いだけでのりきってみせるという、わかりやすく面白い舞台でした。
強烈な個性がある役者がいれば、ブロードえぇいの今までのノウハウをスムーズにつなぎ合わせていけば、十分面白い舞台を作ることができるということでしょうか。そういえば、「トッツィー」もある意味同じ考え方でできていると言えると思います。

2019年6月21日金曜日

Newyork2019 Vol.19 「The Cher Show」

2019年6月20日 19時開演 Neil Simon Theatre
「The Cher Show」を見ました。今年のトニー賞ベストミュージカル主演女優賞を取ったステェファニー・ジェイ・ブロックはアンダースタディに交代していたので、見られませんでしたが、代役のディー・ロッシオリもなかなかの熱演でした。タイトル通りシェールのショー・ステージという括りの中で、若い頃のシェール、全盛期のシェール、現在のレジェンドとしてのシェールという三人のシェールが、それぞれ、もしくは一緒に人生をふり返って行くという構成です。あくまでショー・ステージなので、素早い転換と短い芝居で中だるみしにくいのはよいアイディアだと思いました。
見ながらずっと考えていたことは、「歌の力」と「芝居の力」の違いについてでした。歌には一瞬にして別次元に連れて行ってくれる力があるますが、芝居はそれよりも時間をかけてより広い世界を見せてくれる力だと思います。ミュージカルの中の歌はどうしても芝居に引っ張られて、一瞬にして世界を変える力が弱まってしまう傾向があります。今回のようにショーという枠組みを作ると、なぜか煮え切らない感じがするのはそのせいだと思います。

Newyork2019 Vol.18 「The Prom」

2019年6月19日 14時開演 Longacre Theatre
今年のドラマ・デスク・アワード ミュージカル部門作品賞を受賞した「The Prom」を見ました。インディアナ州の片田舎エッジウォーターのレズビアンの高校生が卒業記念のダンス・パーティー「プロム」にガールフレンドと出席したいと言い出したことから大騒ぎになり、PTA会長が断固反対のメッセージを地元放送局を通じて表明します。一方その頃、ブロードウェイではエレノア・ルーズベルトのミュージカルが初日を迎えますがニューヨーク・タイムズに酷評され、それを挽回すべくこのプロム騒動に目をつけて、役者たちが乗り込み、騒動が始まります。とにかくこのブロードウェイ・アクターズのキャラクターがよくできています。トニー賞に2回ノミネートされたことがある魅力のないライザ・ミネリのような女優、自分ではいけていると思っている中年のゲイの男優、ジュリアードのドラマ部門卒業が自慢の、役に立たない二枚目の男優、ホッシー・ガールのなれの果てのような女優など、少しでもブロードウェイ・ミュージカルに興味がある人なら笑ってしまう設定です。すったもんだの末、ハッピー・エンドで終わるのですが、そのきっかけもSNSに投稿した主人公の決意と心情を歌った歌に、多くの共感が得られたのがきっかけという今日的な理由で、LBGTの時代にマッチして、無理のないものです。役者では、主人公のガールフレンド役を演じたイサベラ・マッカーレがエッジの効いたしっかりした演技で目にとまりました。