2019年6月17日月曜日

Newyork2019 Vol.15 「Snarky Puppy」

2019年6月15日 20時開演 Brooklyn Stell
今回ニューヨークに来るきっかけになったスナーキー・パピーのライブに来ました。今年の初め、新しいCDの発売と前後して、ワールドツアーのスケジュールが発表になりました。その中に「6/15 Brooklyn」の文字がありました。後先考えずに即予約しました。その後、4月に日本公演があることを知り、もちろんそちらも予約して見にいきましたが、演奏時間も短く、満足のいくものではありませんでした。それで満を持してのブルックリン・スティールです。ワールドツアー2クール目のラストステージで、ひさしぶりの地元での
公演、盛り上がらないわけがありません。スナーキー・パピーのすごいところはメンバーが流動的に替わるのに、バンドとしての一体感が全く損なわれないところです。個人的には、ブラスセクションのソリのフレーズのユニークさと切れの良さが最大の魅力です、


2019年6月16日日曜日

Newyork2019 Vol.14 「Tootsie」

2019年6月14日 20時開演 Marquis Theatre
今年のトニー賞でサンティノ・フォンタナがミュージカル主演男優賞を取った「Tootsie」を観ました。絶え間ない逆の連発で客席は大受けでしたが、ほとんどが台詞のギャグなので私の英語力ではそれほど楽しめませんでした。一番受けたのは、訪ねてきた自分のエージェントに女装がばれ、「これならトニー賞が取れる」と言われた場面です。本人が後ろを向いてしまい必死で笑いをこらえるシーンは、なんとも言えないどよめきと笑いでかなりの間芝居が止まりました。ブロードウェイにおけるトニー賞の大きさを感じました。
光っていたのは主人公の同居人で、少々エキセントリックで偏執狂的なところのあるトッツィーのバランスをとる役割をクールに演じたジェフ・スレーター役のアンディ・ガーテルーシェンです。終始トッツィーをなだめながら、ラストには芝居仲間のサンディとできてしまう、ちゃっかりしたところもあり最高です。と思ったら、ちゃんとミュージカル助演男優賞にノミネートされていました。

2019年6月15日土曜日

Newyork2019 Vol.13 「Be More Chill」

2019年6月13日 19時開演 Lyceum Theatre
若い世代の間で大評判と噂の「Be More Chill」を観ました。主役のジェレミー・ヒーレーは、アンダースタディのトロイ・イワタに変わっていました。ストーリーは、オタクな高校生が怪しげな薬を飲むことでスーパーコンピュータとつながり、いけてる高校生になるが次第に精神に異常をきたし、精神病院送り寸前にオタクだったときの唯一の友達に救われるという、「ディア・イーブン・ハンソン」の二匹目のドジョウをコメディで狙ったものです。
全体にすごくよくできたプロダクションですが、「ディア・イーブン・ハンソン」のシリアスさが、高校生の必死さを現して感動的だったのに比べて、プロデュース側の狙いが露骨に見えて、その分白けるのは否めません。観る前は結構期待していたので、残念です。


2019年6月14日金曜日

Newyork2019 Vol.12「Kiss Me, Kate」

2019年6月12日 20時開演 STUDIO 54
シェイクスピアの「じゃじゃ馬ならし」を翻案したコール・ポーター作曲のミュージカル「Kiss Me, Kate」を観ました。とてもポピュラーな「ソー・イン・ラブ」と「トゥー・ダン・ホット」の2曲を含むミュージカルです。
正しくは「王様と私」でトニーを取った、ケリー・オハラのためのキス・ミー・ケイトというべきです。それほどまでにケリー・オハラを中心に演出されています。

しかし残念ながら、「王様と私」では、芯の強さに見えた正確差へのこだわり、神経質な表情がコメディでは邪魔になります。もうすこし、図太い方がより面白くなったと思います。
今回のハイライトは、「トゥー・ダン・ホット」の歌とダンスシーンでした。めまぐるしいほどの展開とスピード感は圧倒的でした。

Newyork2019 Vol.11

2019年6月12日
この日は少し遠出して、アッパーウェストサイドのコミュニティ・フード&ジュースにいってみました。ここは、パンケーキで有名なクリントン・ストリート・ベーキング・ファクトリーと同じ経営だそうですが、地域住民や学生に利用されている感じで、はるかに落ち着いています。


フレンチトーストを頼んでみました。厚く切ったイングリッシュトーストをさっと卵液に浸して焼いた感じで、あっさりした食感です。ソースは、レモン風味のカスタードクリームとラズベリーソース、暖めたメイプルシロップバターです。
横のベーコンは、最近厚切りのベーコンのおいしさにはまっているので、確認もせずに頼んでしまいましたが、来たのは塩辛い薄いベーコンで失敗でした。
コミュニティ・フード&ジュースに行ったのは、クロイスターズ美術館に行く途中にあったからです。
クロイスターズは、私がニューヨークで一番好きな美術館です。好きな理由は、いつ行っても人が少なく静かだというところです。中世ヨーロッパの建築物や美術品の美術館で、ユニコーンのタペストリーが有名です。
中世の美術は当然宗教美術で、その地域の住民や巡礼者などが寄進した絵や、彫刻なども数多く、その素朴さやおおらかさは、見る者に安心を与えます。
クロイスターズというのは、「回廊」という意味で、ここには3つの回廊があります。写真は、一番大きいクサの回廊です。廊下にあるベンチに座って明るい中庭を眺めていると、心が落ち着きます。
クロイスターズへの行き方は、いつも地下鉄の1ラインで適当なところまでいって(今回は、157 st.)、M4のバスに乗り換えてクロイスターズの前までというルートにしていまし
たが、今回の帰り北側の急な階段を降り、AラインのDyckman Streetに抜けるルートを試してみたところ、時間的にはこのルートが一番短くなるのではないかと思いました。ただし、初めてDyckman Streetからフォート・トライオン・パークの中を抜けるのは、標識も少ないので少々難しいかもしれません。

2019年6月12日水曜日

Newyork2019 Vol.10 Ain't Too Proud - The Life and Times of The Temptations

2019年6月11日 19時開演 IMPERIAL THEATRE
リズム&ブルースのボーカルグループ、テンプテーションズのミュージカルです。基になっているのは、オリジナルメンバーで今もテンプテーションズを率いている、オーティス・ウィリアムスの「THE TEMPTASIONS」で、劇中でもオーティス・ウィリアムス役の役者デリック・ラスキンがナレーターを務めて話を進めていきます。他のメンバーは唄うか、短い芝居をするだけ。もちろん、オーティスもそこにいるので、その環から抜けてナレーションをすることになります。
その繰り返しがリズムを生み出して、話がどんどん前に進んでいく仕組みになっています。
このミュージカルはいわゆる「ジュークボックスミュージカル」に分類されると思うのですが、単なる懐メロの垂れ流し状態にならずに、ドラマとしてもしっかりしたものを持った作品に仕上がっています。既製の曲を使ってもちゃんとしたミュージカルを作れることを「ジャージー・ボーイズ」に続いて証明したと思います。
リズム&ブルースのボーカルグループには曲ごとに決まった振付があります。それも魅力のひとつですが、このミュージカルでは、そのオリジナルの振付がブラシュアップされたり、新たな振りになっていたりして、単純にかっこよさが倍増しています。

Newyork2019 Vol.9

2019年6月11日
この日のランチは、久しぶりに美味しいパスタを食べました。近所のGnoccoというイタリアンレストランです。期待しないで入ったのがよかったのか、ゆで加減もぴったりで、塩辛すぎず、量も適度でした。
久しぶりにあたりでした。

夕食は前に行ったことがあるE 12st.のMOTORINOにしました。ピザ・マルゲリータです。直径20㎝以上ありますが、クラストが薄いのでぺろりと食べられます。












2019年6月11日火曜日

Newyork2019 Vol.8 「Hadestown」

2019年6月9日 14時開演 WALTER KERR THEATRE
シンガーソングライターのアナシス・ミッチェルの書いたアルバム「Hadestown」を元に作られたミュージカルです。ストーリーは、ギリシャ神話の「オルフェスとエウリュディケ」を現代アメリカに置き換えたもので結末も全く同じだと知っていたので、少々斜に構えて観ていたのですが、あっという間に話しに引き込まれました。主役のオルフェスを演じたリーブ・カーニーは「ミュージカル・スパイダーマン」のタイトルロールで、エウリュディケを演じたエヴァ・ノブレザダは「ミス・サイゴン」の再演で、トニー賞にノミネートされたことがあるようですが、この二人の印象はかなり薄いです。
というよりは、各シーンごとに主役が入れ替わり、それをアンディ・デ・シールド演ずるエルメスが、狂言回し的につなげていくという構成でできていて、そのバランスが実に見事です。
演出のレイチェル・チャブキンは、「ナターシャ、ピエールとグレイトコメット1812」の演出でトニー賞にノミネートされて、今回は見事、ミュージカル演出賞を取りました。エルメス役のアンディ・デ・シールドはベストミュージカル助演男優賞を取りましたし、アナシス・ミッチェルはベスト作曲賞を受賞しました。そして、作品自体もベストミュージカル作品賞に輝きました。こうしてみると、素晴らしいと思ったところがすべて受賞していることになります。昨年の「バンドビジット」の受賞の時も思いましたが、自分が観て感動した作品がトニー賞を取るのは本当に嬉しいものです。
この日は夜トニー賞授賞式の放送があり、見ていたのですが最後のベストミュージカル賞の発表に合わせて登壇してきた大勢の中に、マチネーの客出しをしながら、「トニーを取りに行くぞ!」と叫んでいたタキシード姿の男性がいたのが印象的でした。。







2019年6月8日土曜日

Newyork2019 Vol.7 「Pretty Woman: The Musical」

2019年6月7日 20時開演 Nederlander Theatre
2019年のトニー賞のノミネートにひっかからなかった「Pretty Woman: The Musical」を観ました。
この日は主役のヴィヴィアンをオリジナルのサマンサ・バークスではなく、アンダースタディのジュリアン・ミューラーが演じていました。
主演男優のアンディ・カールは二枚目だし歌もうまいのですが、前回主演した「グランドホッグディ」のような巻き込まれ型の役割ならともかく、ある程度アクティブに話を動かしていく役割には、線が細すぎると思います。
アンダースタディの主演女優と線の細い主演男優を何とかしようと、周りががんばります。ハッピーマン/ホテルマネージャー役のエリック・アンダーソンのキャラクター、圧倒的な声量のヴィヴィアンの友人役のオルフ、コメディリリーフ的なベルボーイ役のトニー・ブラッコなどが光りますが、それぞれ単発的なきらめきで、芝居を救うほどの力はありませんでした。

Newyork2019 Vol.6

2019年6月7日
今日の朝食はトンプキンパークの西側に位置するスリーシートカフェにしました。





メニューはカフェ・ラテェとラズベリーのスモールケーキです。ラズベリージャムが激甘でした。




昼食は、ユニオン・スクエアのルークス・ロブスターでロブスターロールとクラムチャウダーです。
ここはいつ食べても間違いのない味です。

Newyork2019 Vol.5 CIRQUE DU SOLEIL 「LUZIA」

2019年6月6日 20時開演 Cityfield駐車場Bigtop
時差ボケの解消を狙って、TodayTixでチケットを手配してシルク・ド・ソレイユを観にいきました。
日本にも何度も来ているのに、ニューヨークで初シルク・ド・ソレイユとなるとは思いませんでした。
実はシルク・ド・ソレイユに関しては観てもいないのに否定的な感情があって、それが原因で観にいっていなかったのですが、今回初めて見てその感覚があながち間違っていなかったと確認しました。
シルク・ド・ソレイユといえば、サーカスに幻想的でロマンチックな物語を持ち込むことで、新しいサーカス像を造り出したという認識だと思います。
今回はメキシコがテーマで、それらしいハチドリの衣装や、マリアッチのような音楽が流れてきます。でもそれらの物語は、肝腎のアクロバット芸となんの関係もありません。中身と関係ない過剰な包装紙のようです。もっとアクロバット自体が持っているドラマ性を見せるような演出が必要です。